交際の形も様々になったものです
56d15736ef3377a43c005258

交際の形も様々になったものです

残り1点

¥0

送料についてはこちら

東京で交際クラブをお探しならこちらです→http://www.shibuyamajesty.com/ 交際の形も様々なものになったと実感する出来事がありました。私の後輩の話なのですが、先日結婚をすることになったという報告を受けたのです。そこで馴れ初めを聞いたところ、趣味のインターネットを通じて交際がスタートしたとのことです。これ自体はよくある話だと思うのですが、私が驚いたのはその交際を続ける方法です。普通に考えれば、一緒にどこかへ遊びに行ったりしてデートを重ねると思うのですが、後輩は根っからのゲーム好きということでデートは専らゲーム。それも、各々の自宅でインターネットゲームをしながらデートだというのです。実際に会うことはあまりなく、会うのはゲームの中が多かったという後輩と婚約者。そんなので関係性が続くのか疑問でしたが、本人たちはいたって幸せそうな雰囲気を醸し出しています。出会いがゲームで、交際もゲームとは私の時代には考えられなかったことです。恐らく結婚生活もゲーム感覚で、はたまた子作りも離婚もゲーム感覚なのでしょうか?昔の感覚では現代の夫婦は添い遂げることは不可能に近いと思います。また1990年代は成田離婚と言う言葉が流行った時代がありました。これは言葉の通りで夫婦になった男女がハネムーンの海外旅行から帰った途端に離婚届を出す意味です。お互いにまだ相手の事が良くわからないうちに交際をしてしまって性格や相性を見ないまま結婚をしてしまうことです。一人っ子同士の家庭が増えてわがままに育ち、デートは互いの家があるので外泊はほとんどなく遠出の旅行もしないカップルがその対象です。初めての海外旅行で一週間初めて一緒に過ごす時間の中で相手の粗が見えてしまう、また海外旅行は二人の初めての共同作業も沢山あります、ここで初めてのお互いのエゴや傲慢んが目に映るのです。言葉が上手く通じないのでトイレや食事や交通機関でトラブルになりがちです。結果こんな人と一緒になったのではないと、結婚対象の相手とはまず国内旅行をしたら次に必ず海外旅行をすることがいいとされています。なおかつ英語圏でない発展途上の国がお薦めとされます。理由はすべて一から二人での共同作業だからです。理想はアフリカのサバンナの旅行が最高です。水や電気やガスのない所で初めての夫婦の絆が発揮されます。サバンナにテントを張ってなんて、まあこれはやり過ぎですが、アフリカも今は近代的なホテルが普通にありテントは不可能です。また女性が良く勘違いして相手を好きになってしまうケースが近場のデートです。これは男性が得意とする場所や行きつけの場所は慣れているので行動や口説きも饒舌になります。これが英語圏でない海外ですと途端に頼りがいがなくなります。相手を見抜く目は現代のサバイバルゲームを生きてゆき知恵です。インターネット交際は、もちろん現代においても稀少なタイプだとは思いますが、梨園の妻のようなしおらしい女性は現代ではいなくなっていることも事実です。出しゃばらず、地味でもなく賢く華がある女性が求められご贔屓のお客様には格別の配慮をするなど、まさに現代のシンデレラコンプレックスの歌の世界の女性です。男女平等が叫ばれる時代に女性はどんどん強くなり、この世にそのような女性はごく一部しか存在しないのかもしれませんが、梨園のしきたりに見合う女性は何処に行ったら出会えるのでしょうか、時代は変わったんだなと思わせられましたね。